[Advent Calendar 2021][Day9]CloudSQLでPostgreSQLデータベースをたてる

undefined

はじめに

Advent Calendar 2021のDay9。 今回は、CloudSQLでPostgreSQLデータベースをたてます。

GCPのConsoleからPostgreSQLを作成する

開発用なので、お金がかからないような構成にしたいと思います。 下記のような構成で作成します。

CloudSQLデータベースインスタンスを作成する

パスワードは、保存しておきましょう。 ユーザーは、デフォルトではpostgresです。 およそ、10分程度、作成に時間がかかります。

接続確認

CloudSQLのコンソールの該当データベースの概要からgcloud を使用して接続するにはの下にあるCLOUD SHELLを開くをクリックするとすぐに接続を確認できます。 クリックすると下記のようなコマンドが入力された状態で、CloudShellが開きます。

gcloud sql connect advent-calendar --user=postgres --quiet

初回だと、Cloud SQL Admin APIの有効化が求められるかもしれません。エラー内容にURLが書かれているので、これをクリックして、有効化してください。

停止する

今回は作成のみなので、接続確認したら停止しておきます。 停止してもパブリックIPのコストがかかりますので、ご注意ください。

パブリックIPを付与しない場合は、サーバーレス VPC アクセスを利用してサーバーレス環境を VPC ネットワークに直接接続することも出来ます。今回は、CloudRunを利用する予定があります。サーバーレス VPC アクセス コネクタというGCEのインスタンスを立てるのですが、この費用がかかります。本番環境であれば、サーバーレス VPC アクセスを利用することが、セキュリティ観点から安全だと思います。

まとめ

今回は、CloudSQLでPostgreSQLデータベースをたてました。 次回は、HasuraGraphQLをCloud Runにデプロイします。


クラウドアンドビルド株式会社

Cloud and Build, Inc.

クラウドアンドビルド株式会社は、Google Cloud パートナー企業です。

GCP 導入から開発・コンサルティングまでワンストップでお任せください。

お問い合わせ

デジタル変革を開始しますか?

お気軽にお問い合わせください。

contact_at_cloudandbuild.jp
所在地

〒104-0061

東京都中央区銀座2-14-8

ML20191021

Designed by Freepik
© 2020 Cloud and Build, Inc.